北海道のカニですよ


お歳暮に何贈る?…というのは毎年悩ましい問題なのですが。
よく選ぶのは高級食材です。
できれば、差し上げた方には喜んで頂きたいですから、あまり趣味性の高いものは難しいですものね。
食品なら、たいていはもらって嬉しい・食べて美味しい・後始末に困らないと三拍子揃っています。
そんな高級食材の中でも特に喜ばれることが多いのは「かに」でしょう。

数年前、北海道の根室に旅行しました。
主たる目的は天然記念物のオオワシとオジロワシを写真に収めることだったのですが、根室と言えばもうひとつお楽しみがあります。
それは「かに」。
根室には根室港、花咲港、落石漁港に歯舞漁港など多くの漁港があり、海の幸満載のお土地柄です。
(余談ですが「昆布盛」なんて地名まであるんですよ。おいしそうでしょう?)
根室の道の駅で休憩し、おみやげにかにを買って自宅と実家へ送ってもらうことにしました。
鮮魚コーナーのおかあさんたちは声が大きくて元気一杯。「今朝獲ってゆでたから新鮮だよ!」次々お勧めのカニを見せてくれます。
遠方から来たと話すとおまけしてくれちゃいました。
翌朝帰宅してみると、びっくりするほと大きな発泡スチロールの箱が届きました。もう来たの!?という感じです。
箱が大きかったのは、しっかり包装してドライアイスをぎちぎちに詰めてくれていたからでした。
もちろん、花咲ガニと毛ガニは鮮度も十分で良い状態です。
夜には実家からも電話が来て「届いたよ!美味しかった」ととても喜ばれました。やっぱりカニの威力はすごい。

話はそれだけでは終わりません。
その年の晩秋、カニを送って頂いたお店から大きな封筒が届きました。
かにや魚の通信販売のパンフレットを送って下さったのでした。
そういえばお歳暮を考える時期が迫っています。さすがのタイミングの良さです。
通信販売では実際に眼で見て手に取って商品を確かめるわけにはいきませんから、ことに魚介類は贈答品に選ぶのは少々リスクを伴います。
けれども、実際送ってもらって食べましたから、あのお店なら味や鮮度は折り紙つき。
結局、その年のお歳暮も「かに」で行きました。
北海道に住んでいるので、やはり北海道ならではの新鮮なカニは珍しがられ、喜ばれると思います。



北国からの贈り物

サイト集 グループ 6

Copyright(c) 2013 http://www.luoichongmuoiglory.com/ All Rights Reserved.