境港は水揚げ日本一!

鳥取県境港市はズワイガニの水揚げで有名です。この境港で取れたズワイガニは最高級品で、「松葉ガニ」というブランドをつけて販売しています。この松葉ガニとは大きさなどの条件を満たしたオスがにのみつけることを許されたブランドです。境港で水揚げされ、産地直送された松葉ガニにはブランドタグが親爪につけられています。自宅用はもとより、贈答用としてもおすすめ品です。

 

境港からは、活きたままの生松葉ガニと茹で上げ直送の松葉ガニのいずれかの商品を選ぶことができます。活きたままの生松葉ガニは刺身やしゃぶしゃぶで楽しむことができます。ただし、家庭用の包丁では歯が立たないこともありますので、調理法に不安がある方は茹で上げの商品をおすすめします。かに通販会社ごとに、茹で方・捌き方のレシピやおすすめの調理法をかいたレジュメを同梱していますので、初めてカニを購入される方でも安心です。境港のかに通販会社では、訳あり商品・雌のズワイガニの販売もしています。訳あり商品は脚の折れや欠損で規格外品でギフトなどにできない商品ばかりを集めて販売しています。

 

また、メスのズワイガニは「セコガニ」「せいこガニ」などと呼ばれており、雌ガニ特有の外子・内子という卵を持ったカニは絶品です。自主規制や省令に基づいて、雌のズワイガニの漁獲時期が決められています。セコガニのおいしさを堪能したいという方は、早めの購入をお勧めします。境港で水揚げされた雌のズワイガニは身も締まっておいしくいただけます。

 

紅ズワイガニは、ズワイガニと違い加熱すると身が固くなってしまう、縮んでしまうというという性質があります。紅ズワイガニは刺身で食べるのがおすすめです。紅ズワイガニは缶詰の加工用として用いられることがほとんどです。このほかには、オオズワイガニ・丸ズワイガニと呼ばれる近縁種がありますが、あまり市場には出回っていません。このようにベニズワイガニなどの商品との混同を避けるために「本ズワイガニ」と呼び区別するかに通販もあります。

 

日本では紅ズワイガニは、ズワイガニと同様山陰沖で漁獲されます。ベニズワイに関しても雌ガニは漁獲禁止となっていますので雌ガニが流通する場合には輸入品と捉えるとよいでしょう。紅ズワイガニやズワイガニの殻に黒い粒のカニビルの卵が付着していることがあります。脱皮してから時間が経過していることが容易に分かりますので、身入りの良さを証明でき、万人におすすめすることができます。

山陰地方は北海道よりも水揚げ量は多いです!

山陰地方は北海道に並ぶかにの水揚げの有名な土地です。特に、ズワイガニのブランド「松葉ガニ」を扱うかに通販会社が大半ですので、おいしいカニを食べたいという方は、山陰地方にあるかに通販会社を当たってみるとよいでしょう。おすすめ商品はもちろんブランドタグ付きの松葉ガニです。独自の流通ルートを持った通販会社が多く、市場に流通する前の最高級松葉ガニを確保し販売するためにマージンをできるだけ省き、高品質でできるだけお安い価格での販売を行うことができます。また、市場に流通してしまえば、消費者のもとへ届くまでに鮮度もみるみるうちに落ちてしまいますが、かに通販会社で在庫を確保した後は注文の入った順番にユーザーのもとへ届けますので、新鮮な商品を新鮮なうちに販売することができます。

 

山陰地方のかに通販会社では、訳ありのカニや紅ズワイガニなども取り扱っています。自宅用に購入するのであれば、訳あり品でも十分です。食べ放題並みに食することができる量が届きますので、ご家族で楽しむことができます。また、ズワイガニの雌である「セコガニ」「せいこがに」などとよばれるカニは解禁時期が決められていますが、メスの漁獲制限がありません。親がにの内子や外子を楽しみたいという方は、是非山陰地方のかに通販で買い求めるましょう。特に解禁直後のカニは卵を抱きたてのメスばかりですので、おすすめの商品です。予約は10月ころからすでに始まっていますので、時期を逃さぬように買い求めましょう。

 

鳥取境港直送!未冷凍!

Copyright(c) 2013 http://www.luoichongmuoiglory.com/ All Rights Reserved.