紅ズワイガニとズワイガニ

「紅ズワイガニ」と「ずわいがに」という表記があります。同一の「ズワイガニ」だと誤解もありますが、実はこの二つのかには全く別の種類のカニです。紅ズワイガニは、ズワイガニよりも水深の深いところに生息しています。身入りが少ないというデメリットがありますが、カニ特有の甘みはズワイガニと遜色なく、最盛期のベニズワイガニはズワイガニよりもおいしいという方もいるほどです。紅ズワイガニとしてかに通販で販売されていますので、購入の際にはズワイガニと混同して購入をしないよう注意が必要です。

 

紅ズワイガニは、ズワイガニと違い加熱すると身が固くなってしまう、縮んでしまうというという性質があります。紅ズワイガニは刺身で食べるのがおすすめです。紅ズワイガニは缶詰の加工用として用いられることがほとんどです。このほかには、オオズワイガニ・丸ズワイガニと呼ばれる近縁種がありますが、あまり市場には出回っていません。このようにベニズワイガニなどの商品との混同を避けるために「本ズワイガニ」と呼び区別するかに通販もあります。

 

日本では紅ズワイガニは、ズワイガニと同様山陰沖で漁獲されます。ベニズワイに関しても雌ガニは漁獲禁止となっていますので雌ガニが流通する場合には輸入品と捉えるとよいでしょう。紅ズワイガニやズワイガニの殻に黒い粒のカニビルの卵が付着していることがあります。脱皮してから時間が経過していることが容易に分かりますので、身入りの良さを証明でき、万人におすすめすることができます。

松葉ガニと越前ガニ

松葉ガニや越前ガニは「ズワイガニ」です。漁獲地・水揚げ地によって名称が変わります。また地元の方言でズワイガニのことを「松葉ガニ」「越前ガニ」と呼ぶこともあります。かに通販でかにをお取り寄せする時に注意したいのが、ブランドガニである「松葉ガニ」「越前ガニ」などを購入する場合です。かにの親ツメにブランドタグが付いている物が正規品です。山陰地方で水揚げされたズワイガニにブランドガニが多いので、水揚げ地・漁場を確認してから購入しましょう。

 

北海道で松葉ガニの名称で販売しているということもあります。こちらに関しては、かに通販会社が、独自の規定を作り条件に合ったものだけを販売するという独自ブランドとして類似名称を付けている商品です。漁師がこだわりを持ってブランドを守るべく水揚げしている商品とは違いますので注意が必要です。また、北海道のかに通販で「松葉ガニ」という名称で販売している物は疑わしい商品です。水揚げ地や、ブランドタグの有無を必ず確認されることをおすすめします。

 

ただし、国内で水揚げされたズワイガニは身がしっかりしており、甘みも強く味わいがあります。ブランドだけで振り回されることなく、どの水揚げ地のズワイガニもおすすめ品ですので、好みによってかにの産地を選びましょう。「松葉ガニ」などの名称は、甲羅の幅が9センチ以上の雄ガニにのみ付けられています。表現の問題でもありますが、「松葉ガニのメス」などの呼び方はあまりされません。「せいこガニ」「こっぺ」などと呼ばれていますので、こだわりを持ちたい方は、産地の確認と共に「せいこがに」を購入しましょう。

 

越前かに【成前】

 

Copyright(c) 2013 http://www.luoichongmuoiglory.com/ All Rights Reserved.